ダイエットに効く玄米茶の効果・成分・口コミと緑茶ほうじ茶との違い

玄米茶は煎茶や番茶に炒った玄米をブレンドして作られたお茶であり、緑茶の香りと玄米の香ばしい香りを楽しむことができます。

玄米がブレンドされているのでカフェインの量が少なくなっていますし、夜に飲んでも安心です。

そんな玄米茶ですが、どんな成分なのか、緑茶との違いは何なのかなど紹介します。

ダイエットに効く玄米茶の効果・効能

この茶には他の緑茶にはない栄養素が含まれており、玄米に含まれるビタミンB軍やミネラル、アミノ酸、食物繊維などを摂取できることはもちろん、緑茶の栄養素であるカテキンやビタミンCなども摂取できるのです。

成分は熱湯でじっくりと抽出されており、効率よく体内に摂り入れることができるでしょう。

栄養素が豊富
玄米茶は現代人に不足しやすい栄養素を豊富に含んでおり、食事を減らしても栄養素をバランスよく摂取できると言われています。
そのため食事制限によるダイエットを行いたい場合、玄米茶を一緒に飲むと良いでしょう。

糖分や脂肪分の吸収を抑える
また、緑茶成分のカテキンには糖分や脂肪分の吸収を抑える効果もありますし、食後の臭いを抑える成分なども含まれています。
この茶で水分補給を行うことで腸の働きをスムーズにすることができますし、便秘の予防や改善にも効能を期待できるでしょう。

玄米茶に含まれるダイエットに効く成分とは

玄米茶にはダイエットに役立つアミノ酸の一種が含まれているということで注目を集めています。

アミノ酸
アミノ酸はもともと人間の体内にも存在しているものなのですが、普通に生活していても不足しやすいと言われています。
アミノ酸が不足するとイライラしてしまうこともあるため、ストレスを解消したいなら玄米を配合したお茶で補うようにすると良いでしょう。

このお茶の香りはリラックス効果が高いですし、緊張を緩和する効果や気分を切り替えるサポートをしてくれるということです。

また、玄米茶の成分には精神を安定させる効果だけでなく、脂質の代謝や血圧を安定させる効果などもあります。
そこで心身の健やかさをキープしたい人はもちろん、前向きに生活したいという人におすすめのお茶と言えるでしょう。

食物繊維
また、玄米には食物繊維なども豊富に含まれていますし、健康効果のあるカテキンがたくさん含まれていることもポイントです。
日本茶には血中脂質を下げるという働きがありますが、そこに玄米の整腸作用が加わることで健康をサポートしてくれるのです。

緑茶ほうじ茶と比べて玄米茶がダイエットに向いている理由

玄米茶は緑茶の一種である煎茶や番茶に炒った玄米をブレンドして作られたお茶であり、お茶の健康効果を期待できることはもちろん、玄米がプラスされているので栄養素が多くなっています。
含有成分の濃度が薄くなるのでうま味が少ないとされていますが、渋みが出にくいというメリットもあります。

また、カフェインの量が少ないので子供や高齢者でも気軽に飲むことができるでしょう。

ほうじ茶
ちなみに、ほうじ茶も緑茶の一種であり、ダイエットに効果があるのかどうか気になっている人もいるでしょう。

痩せるためにはカテキンの量が重要であり、カテキンは成熟した葉よりも若い葉に多いという特徴があります。
ほうじ茶は熱を加えて作るので成分が壊れやすく、ダイエットにはあまり向いていないということです。

玄米茶にはコレステロールの吸収を抑え、肥満を防止する働きのある成分が含まれています。
また、不規則な食生活を送っていると不足しやすい食物繊維も含まれているため、綺麗に痩せたいという人に向いています。

玄米茶ダイエットに成功した人・失敗した人の口コミ

玄米茶はダイエット効果があると言われていますが、本当にお茶で痩せられるのか気になっている人もいるでしょう。

口コミによると、正しいお茶を選んで飲み続けることにより、綺麗に痩せることができるということです。

さまざまな人が痩せるためにお茶を飲んでいるのですが、成功した人の話だけでなく失敗した人の話も聞いてみると良いでしょう。

お茶の中にはいろいろな効能を期待できるものもあります。
しかし、中には成分に不安のあるものなども販売されているので注意しましょう。

こういう人には向かない
玄米茶ダイエットは飲んですぐに痩せられる方法ではありません。
3日や1週間など短期間で痩せたい人には向いていないかもしれません。

すぐ痩せたいならファスティングを行うという方法があります。
しかし、ファスティングは体に負担が大きいですし、健康や美容に良くない方法となっています。

お茶を使う方法ならすぐに効果は出なくても健康や美容にも良い効果を期待できるでしょう。

このページの先頭へ